2014年12月6日土曜日

ただより安いものはない。




「第24回 グレンツェン ピアノコンクール札幌大会」に行ってきました。

初めて、kitaraに行きましたし、初めてピアノコンクールを聞きました。






(写真は大ホールです。
会場も素晴らしいです。パイプオルガンに圧倒されます。)



ひとことで言うと、感動しました。

めちゃくちゃ混んでいましたが、参加者とその関係者がほとんどのようでした。
(わたしのように、ただ、聞きに行った人とは少ないように見えました)






午後に行きましたが、小学校1,2年生と中学生の部を聞くことができました。




小学生1,2年生でもうまいです。

自分は練習すれば、なんとか弾けそうな曲にきこえましたが、
彼らはほぼノーミスでやってきます。
小学生低学年にして、すでに表現力での勝負のようです。






A,Bの2つに分かれていましたが、なんですかね。

小学生、中学生ともにAはリズミカルな曲。Bはメロディアスな曲でした。





中学生にいたっては、何と表現していいものか・・・。

自分は一生弾けなそうな曲をノーミスで弾いています。

・指が10本で足りているのか?
・腕が2本で足りているのか?
と不思議に思うくらい音を重ねてきます。
迫力も十分です。



これだけ弾けるようになると気持ちいいでしょうね。

何というか、見てはいけない世界に迷い込んでしまった気がしました・・・。





勿論といいますか中学生の部は小学生の部に比べて、参加者が少ないです。
そして、めちゃめちゃうまいです。


ピアノをやっている期間が長ければ、うまくなるでしょうが、
やめている人もいるはずです。
(続けてはいるが、コンクールに出ない人も中に入るかもしれません)



小学生の段階で何かしらの挫折等で
「やめたくなった、または、やめなければならなかった。」
があったのかもしれません。



いろいろ、考えてしまいますが・・・。乱文ですが。
「生き残りバイアスがあるだろうが、10年やれば(やれれば)、ものすごくうまくなる」
が今日の感想です。









中学生の部についてコメントするとすれば、

「肩を出したドレスを着たお姉さんはうまい」

くらいですね・・・。




ピアノコンクールではいろいろな楽しみ方があります。

・美人ママを探す。
・美人ピアノ教師を探す。
・美人スタッフを探す。
等です。



あれだけ、素晴らしい演奏を聴いたほかに楽しみがあるなんて素晴らしいですね。

入場無料ですし。




友達にも(いろんな意味で)薦めたいと思います。




明日は高校生と大学・一般の部です。

できれば、行きたいです。









今日の音符読み:1分17秒

酔っぱらってやったにしては、普通ですね。



0 件のコメント:

コメントを投稿