2017年4月24日月曜日

2017年,山スキー10回目.



羊蹄山,チラ見せ.



記録し忘れておりました.

先週の山登りです.

4/16かな.

こんにちは.

あやしいおじさんでございます.


2017年4月13日木曜日

夢見るピアニスト2,「ワルツ」,「こどものカーニバル」の演奏動画



夢見るピアニスト動画です.

こんにちは.

あやしいおじさんでございます.




さて,2の9,10曲目.

「ワルツ」(ブレスラウアー)

「こどものカーニバル」(ストリーボック)

です.


ワルツ(ブレスラウアー)



「ワルツ」と聞いたら誰を想像しますかね・・・?

私は「子犬のワルツ」が最初に思いつきます.

ブレスラウアーさんのはだいぶ,簡単ですね.

特にありません.







こどものカーニバル(ストリーボック)



きましたね.ストリーボックさん.

夢見るシリーズに4,5曲あったと思います.

これが最初かな?

最後の方のストリーボックさん攻撃は

私でもちょっと飽きました.笑.




夢見るシリーズもこの曲からレベルアップしてるっぽいですよね.

曲も長いし.

3日くらい練習して,やっと録音できたと思います.



発表会とかでも弾かれる曲なのでしょうか.

私の演奏動画のなかでは再生数が多めです.



日の音符読み:44秒


2017年4月12日水曜日

2017年4月11日火曜日

Pianoteq5,試してみました.





アコピなら録音方法に悩まないと思いますが,

デジタルピアノ勢はいろんな方法を使っていると思います.



今は,

「MIDIデータをパソコンで音源化」

をしております.

GarageBandのピアノ音源を使っていました.




先日,りおさんに音源について質問してみました.

あ:「フリーでいい音源ありませんか?」

り:「ないです.」

あ:「笑.やはりそうですか.有料では?」

り:「ピアノテック一択です.」




ということで,ピアノテックを試してみました.

ちなみに「ピアノテック,イッタク」は

ダジャレだったのでしょうか?笑.




(リンク)

PIANOTEQ






2017年4月現在,9種類のピアノ音源と

あとはハープとかマリンバとかの音源があります.



ソフトはStage,Standard,Proの3種類.

ソフトの違いは音の調整機能の違いですかね.

一番安いStageで十分な予感があります.

Stageをそのうち,買おうと思います.

3つのうち,どのバージョンを買っても2種類の音源しか付いてきません.

購入時に選択です.

他のinstruments(楽器)音源が欲しい場合は追加で購入可能です.




いきなり購入はどうかなぁ・・・と思って,

webページを眺めていたところ,Trialの文字が.

ありがたいことです.

StageとStandardはお試しソフトが使えます.

おそらく購入するだろう,Stageをインストールしてみました.




トライアルバージョンは

・いくつか出ない音がある.
・20分たつと音が出なくなる.
 (ソフト立ち上げ直せばまた,使える)

です.

ですが,すべての音源が入っていて,

聞き比べられます.




真ん中あたりの音は全部出ます.

なので簡単な曲であれば全部の音が出ます.

自分の演奏で比較してみました.






接続はパソコンとデジタルピアノをUSBケーブルでつなぐだけです.

MIDIドライバがない場合は探さないといけないのですかね.

私の場合はいつのまにか(最初から?)midiデータ受信できるようになっていました.








instruments(楽器)とPreset(イコライザ等の設定)

を選択して・・・



赤丸の所を押して
楽器選択.




録音は丸ボタンを押すだけです.



録音♡





聞くところによると,velocityカーブの設定は大事なようですね.


velocityカーブ:
鍵盤を押す速度→音の大きさの関係.
リニア(スピードと音の大きさが比例)だといいのですが,
そう簡単でもないようです.
人それぞれの演奏の癖もありますでしょうか.




本家webページのCommunityのVelocity Curvesにいろいろ,

設定があるのと・・・





Community→Velocity Curves




から,




velocity curveをコピー.
([]も含んでコピーです)




paste


VEROCITYのところクリック→pianoteqにpasteできます.





または,キーボードのcalibrationができます.

こちらのほうがいいのかもしれません.



最弱,普通,強い,最強(だったかな?)

の音を順番に適当に弾いて自分のVelocity Curveが作れます.

(ガイドが出ますので,言われた通りにやるだけです.)



keyboard calibration




私の場合は下のようになりました.




図1.あやしいvelocity curve


余談ですが,

私は100以上のベロシティーが出せない男であることが判明しました.笑.

ピアノは3段階とfixの4種類タッチ感度があって真ん中を使っています.

ソフトを使った方がいいのかもしれないなぁとこの時,思いました.



最初はcalibrationを知らずに,

下のカーブを使って音源化していました.

図2.拾ってきたカーブ

その音.



Grotrian Concert Royal , Velocity curve:図2



りおさんに

「音,イマイチなんだけどなぜだ?」

とメッセージをいただき,

MIDIファイルを見てもらいました.

「velocityが小さすぎて常にp,mpっぽくなっている.」

とのこと.




ちょっと調べて,

キーボードをcalibrationして音源化してみました.




以下,2つは同じvelocity curveを使っています.





Grotrian Concert Royal, Velocity Curve: 図1






D4 Classical Recording AB, Velocity Curve: 図1




どうでしょ?

今まで使っていたGrageBandのピアノ音源も置きます.




GarageBand



図1(calibration)も図2(拾ってきた velocity curve)も

大きく変わらないように見えますが,

音にすると,印象が変わっているような・・・.



演奏最後の部分はなぜかGarageBandで,

うるさく聞こえる気がします.

なんでだろ?




どれがいいか,

だんだん分からなくなってきたかも( ;´Д`)



日の音符読み:44秒

2017年4月10日月曜日

ル・クーペさんのHを練習始めております.



ル・クーペさん,

ピアノのアルファベットの8曲目.

Hを始めております.







♡Hを練習してるよ♡







くだらないですね.

これでも40代のいい大人でございます.






相変わらず,綺麗な曲で練習が楽しいタイプ.





予備練習を録音しました.



H♡の予備練習



休符のタイミングがいつも取りづらいので,

今回は実はメトロノームを鳴らしながら弾いてしまいました.

最後の休符は合っていると思いますが,

その前,なぜかテンポが揺れているような・・・(笑)

なぜだ!?




あと,またまた,音源を変えてみました.

Pianoteqという音源です.




きれいになった・・・かも?




いろいろ,いじってみました.

詳しい感想は

別記事にしようと思います.




日の音符読み:44秒