2017年6月7日水曜日

【観る将】第67回NHK杯。森下卓 九段 - 豊島将之 八段(2017.6.4)




NHK杯将棋トーナメント1回戦.

森下九段 - 豊島八段の感想です.

解説は南九段.




先手,森下さん.

後手,豊島さん.


駒を並べる前の礼


お辞儀が深い森下さん.



心なしか,読み上げ,時計係の二人も深い気がしました.



森下さんが顔を上げるまで礼をする豊島さん.



豊島さんは隙がないですなぁ.




戦型は相矢倉.

増田さんが
・矢倉は終わった
・7七(3三)に銀が上がる形がよくない(桂馬がはねられない)

おっしゃっていたので,意外な感じも.

豊島さんは研究家のイメージがあって,増田さんと似た感覚をもっている気がしていましたし,森下さんは増田さんの師匠ですし(笑)



21手目.▲3五歩.


3五歩を見て,考える豊島さん.




見にくいですが,豊島さんは鼻セレブ派.


98手目.△6五馬.


仕掛けは森下さんが先でしたが2人の棋風どおり,豊島さんが攻める展開.

飛車はないものの馬と角が中央に威張って,優勢( ;´Д`)

「馬をうまく使って・・・」はよくニコ生のコメントでよく見ますね・・・.


最後は馬も切り飛ばして,詰み形.

豊島さんの勝ちでした.






終局直後,上の写真が出る前から森下さんは感想戦を始めて面白かったです.

早すぎ(笑)




棋譜.



67回NHK杯,その他の対局の感想もよければどうぞ.



今日の音符読み:44秒


0 件のコメント:

コメントを投稿