2017年2月23日木曜日

【観る将】第66回NHK杯。久保利明 九段 - 橋本崇載 八段(2017.2.19)





NHK杯将棋トーナメント準々決勝.

久保九段 - 橋本八段の感想です.

解説は山崎八段.




先手,久保さん.

後手,橋本さん.



戦型は

先手,久保さんが中飛車(風)居飛車穴熊.

後手,橋本さんが三間飛車+ダイヤモンド美濃.



対戦成績は直近で久保さんが3連勝(だったたか)とのことでした.




いやー.おそろしい.

久保さん大優勢(勝勢?)からの橋本さんの逆転勝ちの将棋でした.

NHK杯史上でもあまりないのではないでしょうか.




序中盤で久保さんが橋本さんの飛車を押さえ込み.

久保さん圧勝に見えていました.

さらに飛車が成り込めるタイミングで2三歩!


63手目.▲2三歩.


2三歩を聞いた時の山崎さんの表情.



手の意味としては

「次に2二歩成→3二と の攻めが間に合う」

さらに言えば,

「(3二に歩を打つ手も数えて)私が3手かけても,その間にあなたは飛車を捌けません」

ということだそうです.

(解説の山崎さんより.)



打った瞬間に素人の私でさえも手が遅すぎるのでは?と思えたほどでした.



ですが,捌きのアーティストは相手に捌かせない技術も高いのですね( ;´Д`)

81手目まで進んで,下の局面.

▲3三角成

後手は馬とと金がいるものの

持ち駒なし+

飛車は使える見込みなしで

後手は手も足も出なそう.

以下,困る橋本さんをご覧ください.






扇子で自分の頭をたたく橋本さん.




84手目は以下の局面.




△5七馬



2四歩と2筋からと金を作ろうとする久保さんに対して

後手,5七馬.

歩を飛車の後ろに打ったので馬で桂香を拾うくらいしか私には見えないところで,

5七だったので何かと思っていたら・・・.




!!!???




△2一金.

7九の金をとって,2一へ!

竜がとれました(笑)



それでも久保さんの優位は変わらずでしたが,

ちょっとショックもありましたでしょうか・・・.

なんやかんややっているうちに,

大逆転で橋本さんの勝ちでした.









途中までは一方的だったので

つまらないまま終わるのかと

思っていましたが驚きました.




棋譜.




橋本さんの

3回戦の感想(深浦九段戦)

2回戦の感想(三浦九段戦)



久保さんの

3回戦の感想(郷田王将戦)

2回戦の感想(豊島七段戦)





日の音符読み:45秒


0 件のコメント:

コメントを投稿