2017年1月22日日曜日

【観る将】第66回NHK杯。千田翔太 五段 - 佐々木勇気 五段(2017.1.22)





NHK杯将棋トーナメント3回戦.

千田五段(対局時,現六段) - 佐々木五段の感想です.

解説は稲葉八段.






先手,千田さん.


後手,佐々木さん.



戦型は相掛かりになりそうで実は角換わり.






4五歩.


序盤から中盤くらいでしょうか.

▲4五歩が珍しかったようです.

私も見ていて「!?」となりました.

桂馬がどちらにも飛べなくなっていました.

(のちの角打ちのスペースになっていました.)


解説では「後手番では位を取るためにたまにある」

とのことでした.



角換わりは腰掛け銀になることが多いと思いますが,

今日はそうではありませんでした.

おたがい玉の安全度が低いまま,

戦いになっていて面白かったです.

(プロでは玉を固めて,強く戦うのが主流のようで,

素人っぽい戦い方をプロがやっているように見えましたので.)




その後は乱戦模様.

後手玉はコビンが空いているので,

常に王手なんとかとりがかかる状態での戦いでした.


後手が勝ちの局面もあったんですかね?

よくわかりませんが,

最後は千田さんの勝ちでした.





投了局面.


先手は居玉+縦金玉囲いが残ったまま勝ち.

強いですね.







棋譜.


今日の音符読み:50秒

0 件のコメント:

コメントを投稿