2016年12月14日水曜日

【観る将】第66回NHK杯。村山慈明 NHK杯 - 石井健太郎 四段(2016.12.11)




NHK杯将棋トーナメント3回戦.

村山NHK杯 - 石井四段の感想です.

解説は松尾八段.





先手,村山さん.


後手,石井さん.

戦型は

先手,村山さんが居飛車穴熊.

後手,石井さんが四間飛車+高美濃囲い.


「角道を止めた形の四間飛車に対しては,

プロの7-8割が穴熊にするのでは」

との解説でした.



たいてい,穴熊が勝っている印象です.



「石井さんも分かったうえで,

それをやるので,自信があるのでしょう」とも.


中盤のねじり合いで,村山さんがリードしているようにも見えましたし,解説でもそのようなことをおっしゃっていました.

が,なかなか決め手を与えない,石井さんも上手かったのでしょうか.

見ていて楽しかったです.

逆転するかとも思って見ていました.

入玉もできそうな雰囲気も出ていましたし.



終盤で下の図.

139手目


これに対して,角か飛車と金・桂の交換になるのですが,

石井さんは龍から使っていました.

これが角からだったら,どうだったんですかね.

数手進んで,村山さんの勝ちでした.


いくつか,勝負の分かれ目があったようで,

感想戦も聞きたい対局でした.




しかし,穴熊は強いのですが,

詰めろの局面はもちろんありました.

たとえば,下の局面.

116手目.


放っておくと,

△8六桂▲9九玉△9八銀

で3手詰めですね.

簡単な詰みなのですが,

私だと気づかずに攻める手を

考えそうだなぁと思いました.



10手くらい前から飛車取りではあったのですが,

7六角は「詰めろ飛車取り」なので,

少しかっこいい・・・.



棋譜.



今日の音符読み:44秒

0 件のコメント:

コメントを投稿