2016年11月29日火曜日

【観る将】第66回NHK杯。広瀬章人 八段 - 畠山鎮 七段(2016.11.27)




NHK杯将棋トーナメント2回戦.

広瀬八段 - 畠山七段の感想です.

解説は船江五段.





先手,広瀬さん.

後手,畠山さん.



戦型は角換わり腰掛け銀.

やはり,はやってますよね.

船江さんの丁寧な解説がありましたので,

分かりやすく観戦できました.




プロっぽく歩のぶつかり合いが何カ所かで起こったりしながら,

ねじり合い・・・77手目.


▲4五桂

2六飛車とすれば,

3七の桂馬を馬で取られるところでしたが,

「取られそうな瞬間が一番働いている」

と解説のあった局面です.



馬取り+3三桂成の両ねらい.

飛車を取ったのは形づくりでしたでしょうか.

3三桂成が実現して,

あとは広瀬さんの勝ちでした.



プロ相手に大技を決める

広瀬さんのテクニックが見れました.




0 件のコメント:

コメントを投稿