2016年9月25日日曜日

【観る将】第66回NHK杯。郷田真隆 王将 - 高見泰地 五段(2016.9.25)





NHK杯将棋トーナメント2回戦.

郷田王将 - 高見五段の感想です.

解説は鈴木八段.



先手,郷田王将.


後手,高見五段.










郷田王将のキス顏.


特に意味はありません.






戦型は横歩取り風横歩取らずの力線型.




先手,2四の飛車を2六に移動したところ.


「郷田さんがゆっくりするのでは?」と

解説があった瞬間に,先手,3六歩の仕掛け.


▲3六歩.



まったく,ゆるい展開にならず,

飛車・角・桂馬がお互いの駒台にのる,

激しい展開.



素人目にはどちらがいいのかわかりませんでしたが,プロ的には先手がいいの解説の場面が多かったです.


私の飛車とあなたの飛車交換しませんか?

持ち時間も大差.



そのまま緩むことなく,先手の郷田さんの勝ちでした.

手数も格調高く69手.



投了図.(▲6四桂)


どこまで郷田さんの研究だったんですかね.




高見さんの1回戦の感想(稲葉八段戦)



棋譜


今日の音符読み:46秒

0 件のコメント:

コメントを投稿