2016年9月19日月曜日

【観る将】第66回NHK杯。 豊島将之 七段 - 久保利明 九段(2016.9.18)




NHK杯将棋トーナメント二回戦.

豊島七段 - 久保九段の感想です.

解説は千田五段.





先手,豊島さん.


後手,久保さん.



お辞儀が深すぎて,画面から消える千田さん.


戦型は先手,居飛車+囲い名知りません( ;´Д`)

後手中飛車+片美濃囲い.


46手目.


△1五角なんですが,

豊島さん角なりを防ぎませんでした.

解説でも「直前に6九の金が6八に上がったので,戻りづらい」

でしたが,戻ったらどうなったんですかね・・・.

感想戦でもここはあっさり通り過ぎたので,

登場人物の全員,

角なりを防ぐ手は考えていないようでした.



後手が馬と5八に垂らした歩で攻める展開.

先手は9筋の端攻めで反撃.

でしたが,久保さんがうまかったです.

短手数で久保さんの勝ちでした.










78手目.


久保さんの8六にいた銀を7五に引いた手が

かっこよかったです.

同歩だと7六のスペースが空いて,

そこに桂馬で角金両取り.

よく,思いつきますなぁ.


棋譜.



今日の音符読み:49秒

0 件のコメント:

コメントを投稿