2016年8月29日月曜日

【観る将】第66回NHK杯。 船江恒平 五段 - 千田翔太 五段(2016.8.28)




NHK杯将棋トーナメント2回戦.

船江五段 - 千田五段の感想です.

解説は山崎八段.








先手,船江さん.


後手,千田さん.




解説は山崎さん.


インタビューでは

千田さん:「悪手をささないようにしたい.」

と,おっしゃっていましたが,

山崎さんによると,事実上の勝利宣言だそうです.

そんな裏は考えませんでした.

プロ棋士のお言葉おそろしい・・・.




戦型は矢倉(模様でしょうか)

サクサク系の序盤.

早速,駒がぶつかりあいました.



今回も逆転が何度かあったんでしょうか.

(そのような解説でした.)



解説でもありましたが,

後手の千田さんの金銀のバランスは

素人目にもよくはなかったと思います.

後手を持って指しこなす自信はありません.

船江さんはバランス良かったと思いますし,

継ぎ歩のお手本ぽいところもありました.





藤田さんの聞き手は安定していて好きです.

でしゃばらずに,山崎さんの解説を盛り上げていました.

たとえば,下の局面.




後手がパスすれば,1五歩で金がとられる局面です.

山崎さんは受け方として,

「3五歩の一手」でしたが,

実際は千田さんはそれを指しませんでした.


よく見ると,先手が同歩と取ってくれれば2四の歩が浮くので1四の金で取れますが,同角の場合,次に7二に角を打つのを受けなければならないが受けにくいとのことでした.

やんわり,
藤田さん:「同角では・・・」

でした.



そんなこんなのねじりあいが続いて,

いつの間にか,千田さんの勝ちでした.


棋譜.



今日の音符読み:42秒

0 件のコメント:

コメントを投稿