2016年7月24日日曜日

【観る将】第66回NHK杯。加藤桃子 女王・女流王座 - 佐藤和俊 六段 (2016.7.24)





NHK杯将棋トーナメント1回戦.

加藤女王 - 佐藤和俊六段の感想です.

解説は島九段.





先手,加藤さん.



後手,佐藤さん.



将棋ファン歴3-4年くらいだと思いますが,

佐藤さん知りませんでした.

順位戦はC級2組のようですがですが,

竜王戦は2組なんですね.

たいてい,順位戦と竜王戦のクラスは

比例してると思いますが,

佐藤さんの場合は竜王戦に強いのか,

順位戦で調子が出ないのか分かりません.



さて,NHK杯.

戦型は先手の加藤さん,居飛車穴熊.

後手の佐藤さん,ノーマル四間飛車.

角道を止める四間飛車は居飛車穴熊に

勝率が悪いそうで,ほとんど見ないですが,

解説の島さんによると,

「お手本になる,四間飛車」と

何度かおっしゃっていました.



6五歩.


写真で後手から6五歩で開戦.

しっかり,穴熊に組ませていないのがわかります.

その後,左辺が戦いの中心でしたが,

△4六歩に▲6六歩とした局面が

一つのポイントだったようです.



先手,6六歩とした局面.


ここで,佐藤さんは6五の金とりを手抜いて,

4七歩成.

ここから優位を築いて,佐藤さんの勝ちでした.


「6六歩ではなく(桂頭の)3四歩なら分からなかった」と

佐藤さんの感想戦のコメントでした.

(同金なら,9六角で金とりが受けづらい)



同じ金ですが,6三と6五では

価値が違うようです.

本譜では桂馬も攻めに参加できて,

駒の効率とか価値を感じました.



棋譜.




今日の音符読み:47秒

0 件のコメント:

コメントを投稿