2016年7月10日日曜日

【観る将】第66回NHK杯。黒沢怜生 五段 - 山崎隆之 八段 (2016.7.10)



NHK杯将棋トーナメント1回戦.

黒沢五段 - 山崎八段の感想です.

解説は高橋九段.





今週も解説が師匠.

黒沢さんと高橋さんは師弟関係とのこと.

一方を応援するタイプの解説は聞いていて,

清々しいので好きなんですが,

今週は意外と平等な解説でした.




黒沢さんはNHK杯の記録係を長くしていましたが,

師匠の高橋さんの言葉.

「(物理的には記録係の席と対局者の)距離は近いんですが,遠いんですよね.」

が心に響きました.





今日も独特な序盤の山崎さんでした.




序盤は端歩の突きこし.




角頭の歩も突きます.



2四歩は解説の高橋さんも謎とのこと.

(結局は飛車を2筋に回りました.)



で戦型・・・.

先手,四間飛車穴熊.

後手,居玉・力戦形(笑)




山崎さんの将棋は面白くて大好きです.

去年は戸辺さんと指して,いきなり端攻めの

体制だったのを思い出しました.

去年のNHK杯の棋譜.



中盤,馬と飛車のおいかけっこで,

千日手にもなりそうでした.



ねじり合いが長かったでしょうか.



最終的には山崎さんが王手馬をお見舞いして,

黒沢さん,戦意喪失.

山崎さんの勝ちでした.




王手馬をお見舞いされた局面.
黒沢さんの顔(笑)


ただではないが盤上から馬が消えてしまうと,

後手玉に迫る手が難しいとのことでした.

大駒は3対1ですし.




山崎さんはほっぺをふくらませる.


山崎さん勝って,

ニヤニヤしていましたね・・・.




棋譜.




今日の音符読み:52秒

0 件のコメント:

コメントを投稿