2016年4月10日日曜日

【観る将】第66回NHK杯。大石直嗣 六段 - 石井健太郎 四段 (2016.4.10)




NHK杯将棋トーナメント1回戦.

大石六段 - 石井四段の感想です.

解説は所司七段.






先手,大石さん.

後手,石井さん.


初手合いだそうです.



戦型は

先手の大石さん,居飛車+穴熊.

後手の石井さん,四間飛車+高美濃囲い.



飛車がぶつかり合う右辺で戦いが始まりましたが,

いつの間にか左辺が戦いの中心.

先手の攻めが優勢っぽかったです.

「寄せ合いになったら,穴熊が最終的に勝ちやすい」

の解説もありました.



終盤,なんだかすごかったです.



8六に金のただ捨て.


とると,詰むんでしょうか・・・.



所司さんも困っていましたが,

最終的には同歩だと

「詰み形ですね」とのこと.

結局,大石さんは7七に金を打っていました.



少し進んで,後手玉は詰みそうでしたが,

最後は頓死でしょうか.

先手玉を石井さんが詰ませて

石井さんの勝ちでした.

8八金.

なんのとっかかりもない中,

8八に金打ち.

ここから,詰むんですね・・・.

プロの技ですなぁ.



棋譜.



今日の音符読み:50秒


0 件のコメント:

コメントを投稿