2015年7月7日火曜日

ピアノ練習時間,増えていきますよね.








現在,練習しているのは,

「アルプスの乙女の夢」(ラビッキー)です.

自分には,少し難しいようです.




左手が単純では,なくなっているのが,

難しいようで,手元を見ないで弾くのが,

できていません.








私の場合は題の通り,少し難しい曲に出会うと,

練習時間が増えていくようです.

少々,やる気が上がっております.






少し,弾けるようになってきました.

暗譜+手元を見ているからです.






それはそれで,いいかも知れませんが,

気になることが・・・.








思い出したんですが,

以前,ピアノ練習についての,どなた様かの記事.

(どなた様かは,忘れてしまいました.)





「手元を見て弾く」 →
「だんだん,曲の難易度が上がる」 →
「練習時間等,気合いでカバー」 →
「壁にぶち当たる」






みたいなパターンになるので,

「手元は絶対,見ないで弾け!」

(ブラインドタッチだ!)との

意見を読んだことがあります.














テンプレートどおりですね.










今,まさに,「気合いでカバー」の段階でございます.





ピアノ独学の人にありがちですかね.





平凡な人間だとは思っておりましたが,

見事です.




気をつけていきましょう.




0 件のコメント:

コメントを投稿