2015年4月26日日曜日

【観る将】第65回NHK杯。阿部五段-佐藤七段(2015.4.26)






今週も水泳と将棋観戦のコンビネーションでした。

さきほど、将棋、見終わりました。

NHK将棋トーナメントの一回戦。




今日は阿部五段-佐藤七段。





序盤、中盤はあまり見たことのない形でした。

力戦型との解説。







とくに佐藤さんは振り飛車に

しそうな、しなそうな序盤でした。






中盤くらい、阿部さんが馬を作りつつ、香得でしたが、

解説によるとむしろ序・中盤は後手の作戦勝ちとのこと。





でしたが、佐藤さん手渡ししすぎだったんでしょうか。

玉が馬に近づく手渡しの際、(64手目,6二玉)

解説の中川さん、「大丈夫ですか?」の発言の後、

阿部さんが攻め続け、優位を拡大。

寄せまで行く前に佐藤さん、投了でした。










途中、「急所にパンチが入りました。」の解説コメントがありましたが、


将棋って、確かに



「金や玉を攻めるゲームだよなぁ。」



と思いました。








先崎九段はいつだったか、



「玉の近くの金を取られると、

死ぬほど痛い。」




みたいな旨のコメントをしていたのを聞いたこともあります。








毎回、同じようなこと書いている気がします。

すみません。















ニコニコ超会議も2,3番組あったようですが、少しだけ見ました。



イケボのお兄さん、メチャメチャ強そうでした。

糸谷竜王と飛車落ちで指していました。

結果、負けてはいましたが、

糸谷さん、ちょっと、本気出してなかったですか?




香川王将とは角落ちでしっかり勝ち切っていましたし。

こちらは中盤・終盤の読みは

解説の糸谷さんと同じ手が連発していました。

すごいなぁ。




棋譜.



今日の音符読み:49秒

初めて、50秒切りました。
うれしいです。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

0 件のコメント:

コメントを投稿