2015年3月1日日曜日

【観る将】NHK杯。深浦九段-森内九段(2015.3.1)







今日は「将棋界で一番長い日」ですね。

ニコニコ生放送、見れるかと思いましたが、悲惨な放送でした。

小さな画面が6個あって、解説なし。

なんすかね。

「try スカパー オンデマンド」で検索すれ。とのこと・・・。









さて、NHK杯将棋トーナメント準決勝。


深浦九段-森内九段の感想です。

ひさしぶりに矢内理恵子さんが聞き手でした。







深浦さんの勝ちを予想しておりましたが、

また、外しました。

森内さんの勝ちでした。






相矢倉の将棋。

がっちり組み合うのではなく、仕掛けは早かったように思います。

(先手の深浦さんからの仕掛け)



解説の佐藤康光九段は

「10年前はよく指されたタイプの将棋」とコメントしておりました。





難解な中盤戦でしたでしょうか。



深浦さんの歩によるキカシで、

終盤、深浦さん勝ちに見えましたが、

やはり、森内さん受けの名手でした。




三桂あっても詰ませられませんでした。





自玉の詰みのないこととを見切った、森内さんが深浦玉を詰ませて、

森内さんの勝ちでした。







深浦さんは勝負所では顔が紅潮してくるようですね。


だいぶ、赤かったです。


あと、皮膚炎ですかね・・・。


おててが気になりました。




棋譜.



今日の音符読み:1分01秒


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

0 件のコメント:

コメントを投稿