2015年1月10日土曜日

ピアニストの病気について.











美人ピアニストいいですね。




よく、「ピアニスト 美人」検索して、楽しんでおります。






ですが、「ピアニスト び」まで入力すると「ピアニスト 病気」が提案されます。






自分は中学生の時、右手首を骨折しました。

その後、ちょっと負荷をかけるだけで腱鞘炎ぽくなることが多いです。




キーボードからピアノに買い替えたころも少し、右手首が痛くなりました。


力んでいたんでしょう。





















ですが、最近は大丈夫です。



何しろジョーダン理論を実践してますから。











プロのピアニストでしたら、一日何時間も弾くでしょうから、


手首の怪我か何かだろうなと思いながらも一応、開いてみました。


もちろん、炎症のような怪我の報告が大半でしたが・・・。




フォーカル・ジストニア!?


初めて聞きました。有名ですか?


脳に問題が発生するそうです。音楽家100人に1人って多くないすか?





ピアニストも大変ですね・・・。









今日の音符読み:57秒

久しぶりに1分切りました。

記録更新でしたか?忘れてしまいました。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ



0 件のコメント:

コメントを投稿